心筋生検研究会 活動歴 Activities

第106回 日本病理学会総会



ワークショップ(7)
開催日時2017年4月28日 16:40-18:10
会 場京王プラザホテル
テーマ心内膜心筋生検による病理診断の役割と重要性
座 長今中恭子
植田初江
演題・演者心筋生検における炎症細胞の評価-心筋炎とその鑑別疾患-
 松山髙明 京都府立大学大学院医学研究科・細胞分子機能病理学
拡張型心筋症の心内膜心筋生体標本における電子顕微鏡所見の臨床的有用性
 齋籐恒徳 日本医科大学多摩永山病院・内科・循環器内科
周産期心筋症の病理
 大郷恵子 国立循環器病研究センター・臨床病理科
電子顕微鏡診断の有用性と限界
 竹村元三 朝日大学歯学部総合医科学講座・内科学分野
心筋細胞核クロマチン形態解析による新たな心不全可塑性指標の開発
 神崎万智子 大阪大学大学院医学研究科・循環器内科学
移植後拒絶反応の病理
 池田善彦 国立循環器病研究センター・臨床病理科